10:33 2017年09月21日
東京+ 25°C
モスクワ+ 8°C
    シンガポールのアーチスト 食べることのできるスカーフを編む

    シンガポールのアーチスト 食べることのできるスカーフを編む 【動画・写真】

    © 写真: Youtube/The artist knitting instant noodles
    エンタメ
    短縮 URL
    0 24510

    シンガポールの女性アーチストが、即席麺で何とスカーフを編んでいる。

    シンシア・デラニー・スウィトさんは、まず麺をゆで、それを冷ました後で、スカーフ編みに取り掛かっている。

    彼女によれば、即席麺を使ったスカーフ編みは、心の平安と街の喧騒の対比をシンボリックに現したものだという。

    at shophouse5 til 9pm today knitting noodles setup #knitting #instantnoodles #performance #exhibition #knittingnoodles

    Фото опубликовано Cynthia Delaney Suwito (@cynthiadsuwito) Дек 10 2016 в 12:14 PST

     

    現代人の大部分は、生活のあらゆるプロセスの加速化を目指しているが、実際のところ、あくせくした日常こそが、もっとはるかに重要なものを隠しているというメッセージが、このスカーフには含まれている。

    because its almost as tall as me ~~ #knittingnoodles #knitting #art #crazyperson #whattodowiththis

    Фото опубликовано Cynthia Delaney Suwito (@cynthiadsuwito) Дек 30 2016 в 1:31 PST


    先に伝えられたところでは、画家のトレイシー・エミン氏は、古代の丸石との結婚について語った。

    関連:

    心優しいハッカー:アノニマス、ネズミのためのレストランをオープン【動画】
    広島への原爆投下後も生き抜いた391歳の盆栽 今も健在!
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント