09:11 2018年12月16日
技術的不具合により米TVのゲスト「ロシア」という言葉を連呼する羽目に

技術的不具合により米TVのゲスト「ロシア」という言葉を連呼する羽目に 【動画】

© 写真: Youtube/DontLetThat
エンタメ
短縮 URL
0 60

米国のTVチャンネルMSNBCの視聴者らは、突然の技術的不具合の目撃者となった。この不具合により新聞The Washington Postのコラムニスト、デヴィド・イグネイシス氏は「ロシア」という言葉を何度も繰り返すことになった。

ポータルサイトMediaiteは、この映像に注目し「陰謀説の大好きな方々、シートベルトを締めましょう」と冗談を飛ばした。

イグネイシス氏は、番組Hardballに出演し、米国がロシアを非難しているハッカー攻撃の状況について、コメントしていた。

彼は「皆さんは、本日マッティス将軍、そしてポンペイオ次期CIA長官の発言をお聞きになった。彼らは、事実上、対ロシア関係をめぐり厳しいアプローチを今後も堅持すると誓った」と述べたが、まさにその時に、最後の言葉だった「ロシア」が約30回も繰り返されることになった。

それより前にウィキリークスは、米大統領選挙へのロシアの介入についての米情報機関の報告書が基にしている情報源を揶揄した。

関連:

スプートニク通信とテレビRTの編集長 自身のブログでCIA報告をコメント
米情報機関、「ロシアの介入」報告書にRT、スプートニク編集長の描かれた風刺画を入れる 【写真】
タグ
露米関係, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント