09:42 2018年09月24日
宝くじ

シカゴの学校の掃除夫が宝くじで200万ドル当選 でも仕事は辞めない

© Fotolia / Amalagna
エンタメ
短縮 URL
0 0 0

デイブ・マルティネスさんは、米イリノイ州ニュー トリアの学校で掃除夫として働いている。マルティネスさんは宝くじで200万ドル当選した後も穏やかさを保ち続け、同僚たちを驚かせている。Chicago Tribuneが伝えた。

マルティネスさんは60歳の誕生日に宝くじで当選したことを告げた・マルティネスさんは税金の事前支払いなしで20年間毎年10万ドルずつ当選金を受け取ることにした。

マルティネスさんは2回連続で宝くじに当選したという。1回目は仕事帰りの夜にロトで100ドル当選した。マルティネスさんはこの当選金でもう1枚買うことにした。そして200万ドル当選した。

マルティネスさんは仕事を辞めるつもりはないという。だが近いうちに年金生活に入り、ハワイに行って生活を楽しむ予定だという。

先に伝えられたところでは、禁錮150年の判決を言い渡された米国の詐欺師、バーナード・マドフ受刑者が、刑務所で「ほっとチョコレートのビジネス」を成功させている

関連:

宝くじなど当たらないと証明しようと買った1枚で100万ドルが当選
宝くじで600万ユーロ当てるも受け取りに間に合わなかった男
タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント