14:51 2018年06月18日
エリザベス2世

我輩こそが王である! 米国に英国王室の「合法的」継承者が出現

© AFP 2018 /
エンタメ
短縮 URL
196

米コロラド州のある男性が「ザ・タイムズ・オブ・ロンドン」紙に巨大広告をうち、自分は英国の合法的な王であると宣言した。

宣言を出したのはアラン・エヴァンス氏。本人の弁では3世紀に端を発するウェールズ王家の継承者でグウィネズ王国の始祖であるクネダ・ベルディグ王の直系の子孫だというのだ。米ウェブサイトの「ビジネス・インサイダー」が報じた。

とはいえ、広告の文面からすると、ご本人は現在のエリザベス2世が崩御するまでは王座につくつもりはなく、女王の国民に対する貢献には深い敬意を感じているという。

広告の最後にエヴァンス氏は英国人、ウェールズ人、スコットランド人、マン島の市民および英国の全国民に対し、真の継承者の王座への復帰を寿ぐよう呼びかけ、英国を再び偉大な国とすることを約束した。

タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント