03:11 2018年02月19日
東京+ 2°C
モスクワ-3°C
    試合前のセックスはご法度か?

    試合前のセックスはご法度か?

    © REUTERS/ Kai Pfaffenbach
    エンタメ
    短縮 URL
    0 31

    スポーツマンの多くは試合前にセックスを行う場合、試合結果にネガティブに影響すると考えている。現時点ではこうした見解は正しいものという裏づけもないが、同時に誤りであることも証明されていない。

    スポーツマンの多くは試合前にセックスを行う場合、試合結果にネガティブに影響すると考えている。現時点ではこうした見解は正しいものという裏づけもないが、同時に誤りであることも証明されていない。

    というわけで科学者、コーチ、医師らは真相解明を決意した。有名な米国人ボクサーのモハメド・アリ氏などはリングに上がる3週間も前から性行為を控えていた。アリ氏はその理由を、セックスによって満足を得てしまうため、勝たねばならないというモチベーションが消えてしまうからだと説明していた。アリ氏以外の多くのスポーツマンも同様な見解を支持し始めた。

    この謎に科学者らが挑んだ。科学者らが根拠にしたのはこれまでの研究結果。1968年の研究発表では、性行為を行った者と控えた者の間には試合結果に何の違いもなかったことが証拠付けられている。

    ところが1995年には米国の専門家らがこれを覆す説を発表。これに対抗して、また別の研究者らからは、またさらに米国の説を覆す説が発表され、性行為は試合結果に影響しないが、試合に出る数分前のセックスは控えたほうがいいという説が唱えられた。このほか、何事も本人のチョイスによるとする学説も存在する。

    それより前に家族心理学者が、人々はなぜセックスをしたくないのか、その主な理由を挙げた。

    なおお先に、研究者たちは、1日に800グラムの果物や野菜を摂取することで、心臓発作、脳卒中、癌および早死にのリスクを減らすことができると報じた。

    タグ
    スポーツ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント