20:02 2017年12月11日
東京+ 13°C
モスクワ+ 2°C
    外人の告白?! Twitterで流行ってる おもしろ恥ずかしい話のタグ

    外人の告白?! Twitterで流行ってる おもしろ恥ずかしい話のタグ

    © AP Photo/ Eugene Tanner
    エンタメ
    短縮 URL
    0 76

    日本在住の外国人が今日、「#gaijinconfessionfriday」(外人による告白(告解)の金曜日)というタグを使い、驚きや理解不能、恥、ただ面白かった瞬間を語るというイベントに参加している。

    日本人の英語のアクセントを理解できないと、多くの人が不満を漏らしている。また、様々な文化交流や、外来語を巡る誤解についても多くが挙げられている。

    ​「お腹をすかせながらオフィスから帰る時、ぼそっとこう言ったんだ『カツカレーさまです』」

    ​「『本日のコーヒー』を目にすると、『日本のコーヒー』を注文したんじゃないかっていつも2度見する。」

    ​「『ゲリラ豪雨』のこと、いつも『ゴリラ豪雨』だと思ってた…」

    ​「最初、『シュークリーム』が靴(shoe)用クリームだと思ってて、誰がそんなの食べたがるんだよ…って思ってた」

    ​「スタバのプラスチックタンブラーを燃えるゴミに捨ててた」

    ​「村上春樹の本を読んだことがない。どんな言語でも。」

    ​「英語で話さないようドイツからの旅行者のふりをしてる」

    ​「返事するのが嫌になってきたら、日本語がしゃべれないふりをする」

    残念ながら、ロシアでは皆がこのタグの英語を正しく理解したわけではなく、「confession 」を、「白状」といった意味の告白ではなく、愛の告白として捉えた人もいる。そのため、次のようなセンチメンタルなツイートをする人も多い。

    ​「普通の女の子だった私をあなたが天使にしてくれた。愛と翼を授けてくれた。」

    だが、これは驚くべきことではない。外は春、ロマンチックなことが、ついつい欲しくなるもの。

    タグ
    文化, ツィッター, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント