20:22 2017年10月17日
東京+ 15°C
モスクワ+ 11°C
    ヨガをしている女性

    オフィスよ、さようなら! 快適なソーホー生活が送れる世界のトップ4都市【写真】

    © Fotolia/ De Visu
    エンタメ
    短縮 URL
    0 62430

    インターネットの発達で今や世界中どこにいても仕事が可能になってきた。様々な職業の人たちが自分の国を遠く離れたところからオンラインで仕事をしている。ポータル「ライブ・アンド・インヴェスト・オーバーシー」の創始者、ケイトリン・ペディコードさんは快適、安い物価が望め、仕事にはノートブックとスマホ、そして明晰な頭脳と正しいモチベーションがあればいいという場所をリストアップした。そのうちから4都市をご紹介。

    スプートニク日本

    イタリアのアブルッツォ

    アブルッツォにはイタリア人がこよなく愛すおいしい料理、ソフトな気候条件、美しい言語のすべてがある。夫婦で1月1500ドルもあれば悠々暮らせてしまう。不動産を買おうと思えば6千ドルで購入可能。

    ギリシャのクレタ島

    ギリシャで最大、欧州最南端の島。

    夫婦の1月の生活費はアパート代を除いて1千ドルほど。寝室2部屋で美しいマンションは月700ドルもあれば借りられる。

    スペインのアリカンテ

    ハーバーには白いヨット、おしゃれなブティック、オフィス街の喧騒にもかかわらずアリカンテは古き良きスペインの気質を今に伝える町。いい地区で家具付きマンションを借りるには1月400ドルもあればOK。

    マレーシアのジョージタウン

    ビジネス、貿易、文化のグローバルハブ。快適で便利な生活が安価で楽しめる町。マンション賃貸料も含め月1200ドルもあれば夫婦で悠々自適な生活が楽しめる。

    この前、ユーロスタットが、ホテルやレストラン、タバコにアルコール飲料の価格を基に、旅行と休暇が最も高くつく国と安い国を挙げた

    タグ
    番付・ランキング, 旅行, エンタメ, 観光
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント