16:34 2018年01月24日
東京+ 6°C
モスクワ-9°C
    クウェートに麻薬王の名を冠したアイスが登場【写真】

    クウェートに麻薬王の名を冠したアイスが登場【写真】

    © 写真: Pixabay
    エンタメ
    短縮 URL
    213

    ラテンアメリカ出身の家族が、クウェートで予期せぬビジネスを始めた。最も有名な麻薬王の1人、パブロ・エスコバルの名を冠したアイスを販売する会社を立ち上げたのだ。スプートニクが報じた。

    スプートニク日本

    コロンビアのニュースサイト「Tiempo 」は、企業心のあるラテンアメリカ人が、テレビドラマ「Narcos」の放送後に、エスコバルの人気を利用しようと決めたと報じた。このドラマからはいくつかのメニューの名前もつけられていて、エスコバルのあるセリフから冷たいカクテルは「銀か鉛か」と名付けられた。

    ​「パブロ・エスコバル」の立ち上げは数ヶ月前。職員は、最初に逮捕された際に警察が撮った、笑顔のエスコバルの写真付きの制服を着ている。

    ​​エスコバルは、史上で最も有名な麻薬密売人の1人。1980年代に300億ドル稼ぎ、自身のメデジン・カルテルを通して米国で用いられたコカインのおよそ80%を供給した。

    先の報道によると、米フロリダ州で、闇市場において10万ドルの価値がある大量のハードドラッグが押収された。

    タグ
    食べ物, 食事, 食品, クウェート
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント