05:44 2018年06月25日
14日のパリの軍事パレードでマクロン氏と夫人

ネットユーザー憤慨 マクロン大統領が国歌を歌わず【動画】

© REUTERS / Charles Platiau
エンタメ
短縮 URL
0 24

インターネットが、フランスのマクロン大統領の行動に憤慨している。14日のパリの軍事パレードでマクロン氏と夫人が胸に手を当てずに、ラ・マルセイエーズを歌わなかったのだ。マクロン夫妻は、米国家演奏中に胸に手を当てたトランプ大統領とその夫人の例に倣わなかったのだ。

スプートニク日本

次のようなツイートが多くつぶやかれた。

「トランプ大統領とメラニア夫人は米国家演奏中に胸に手を当てたが、マクロン大統領とブリジット夫人はラ・マルセイエーズ演奏中に指一本動かさなかった。こんなの普通か?」

とはいえ、この憤慨を終わらせる答えはやはり見つかった。

「国家演奏中に胸に手を当てることは米国の伝統だ。フランスでは誰もそんなことしない。」

先ほど、米国のヘイリー国連大使は朝鮮民主主義人民共和国のミサイル発射で自分の独立記念日は台無しになったとポストしたことが原因でツィッター上で激しい非難を浴びた。

タグ
おもしろい, エンタメ, エマニュエル・マクロン, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント