05:32 2017年07月24日
東京+ 27°C
モスクワ+ 17°C
    巨乳に飛び込んだラルフ・ローレンのトップマネージャー、歯と鼻を折る重傷

    巨乳に飛び込んだラルフ・ローレンのトップマネージャー 歯と鼻を折る重傷

    © AFP 2017/ Timothy A. Clary
    エンタメ
    短縮 URL
    1170322

    ファッションブランド「ラルフ・ローレン」のトップマネージャーであるメラニー・アブラーモフさん(35)は、ニューヨーク・セックス博物館を訴えた。巨大な女性の胸型トランポリンで飛んでいた際に重傷を負ったためだ。

    スプートニク日本

    アブラーモフさんは自身の誕生日を祝いに博物館に向かった。

    アブラーモフさんの友人の言では、ジャンプ中に彼女が突然消えた。少し後で、彼女がトランポリン外の床に倒れているのが発見され、そこには血の池ができていた。

    アブラーモフさんは落下により鼻と歯を折る重傷を負った。

    アブラーモフさんは現在、インプラントや鼻再生手術を行う必要がある。彼女はすでに、精神的損害に対する慰謝料などを求めて訴えを出した。

    ​先の報道によると、米国のオレゴン州でウナギを積んだトラックが横転し、何台かの車を巻き込む交通事故を引き起こした上、道路が粘液の層で覆われた。

    タグ
    米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント