15:03 2019年12月11日
雷と稲妻の写真

エクアドルのパイロットが撮影したコックピットから見た雷と稲妻の写真【写真】

Santiago Borja
エンタメ
短縮 URL
160
でフォローする

エクアドルの航空会社のパイロットが、荒れ狂う自然を写真に収めた。コックピットから撮影したこの雄大な雷雲や放電の光は、まさに芸術作品だ。

スプートニク日本

パイロットのサンティアゴ・ボルハ・ロペスさんは、これまでに興味深い気象現象をたくさん撮影してきた。高度1万1000メートルから見た、嵐を呼ぶ前線や稲妻は特に壮観だ。

ロペスさんは「スプートニク」のインタビューで「4年前から雷の航空写真を撮っています。米国から欧州への長距離飛行中の機会を利用しています」と語った。

またロペスさんは「私が撮影するのは、長時間のフライトで操縦していない時だけです。10時間以上のフライトでは仲間のパイロットと交代します。別のパイロットが操縦している時に、私は隣の席に座って落ち着いて写真を撮ります」と話した。

  • 「嵐は私のお気に入りの現象で、雷は写真撮影の最高のオブジェクトだ」
    「嵐は私のお気に入りの現象で、雷は写真撮影の最高のオブジェクトだ」
  • 「嵐は私のお気に入りの現象で、雷は写真撮影の最高のオブジェクトだ」
    「嵐は私のお気に入りの現象で、雷は写真撮影の最高のオブジェクトだ」
  • 「嵐は私のお気に入りの現象で、雷は写真撮影の最高のオブジェクトだ」
    「嵐は私のお気に入りの現象で、雷は写真撮影の最高のオブジェクトだ」
  • 「私のお気に入りは、大気の中に入り込み、あたかもそこに存在しているかのような写真だ」
    「私のお気に入りは、大気の中に入り込み、あたかもそこに存在しているかのような写真だ」
  • 「私のお気に入りは、大気の中に入り込み、あたかもそこに存在しているかのような写真だ」
    「私のお気に入りは、大気の中に入り込み、あたかもそこに存在しているかのような写真だ」
  • 「私のお気に入りは、大気の中に入り込み、あたかもそこに存在しているかのような写真だ」
    「私のお気に入りは、大気の中に入り込み、あたかもそこに存在しているかのような写真だ」
1 / 6
「嵐は私のお気に入りの現象で、雷は写真撮影の最高のオブジェクトだ」

2016年、ロペスさんの写真の1枚が、写真コンテスト「ナショナルジオグラフィック・ ネイチャー・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」の「ランドスケープ」部門で3位に入賞した。

先の報道によると、2025年までに旅客機の遠隔操作を可能とする技術が誕生する可能性がある。

タグ
写真, インタービュー, エクアドル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント