00:47 2020年10月31日
エンタメ
短縮 URL
0 60
でフォローする

海洋研究開発機構とNHKが共同開発したカメラが、世界で最も深い海溝であるマリアナ海溝の水深8178メートルの地点で、魚が泳ぐ様子を捉えた。世界で最も深い場所での魚の映像になる。その魚、シンカイクサウオはかなり可愛い魚だった。

スプートニク日本

マリアナ海溝の奥深くに住むのはチョウチンアンコウのような恐ろしい生物だけだとお考えなら、それは間違いだ。

水深8178メートルでの撮影は容易ではなく、そのためにカメラと餌のサバを付けた巨大な観測装置が深海に投入された。餌のサバに甲殻類のヨコエビが集まり、それを狙いクサウオが近寄ったのだ。

これよりやや浅い水深7498メートルの地点でも珍しい深海生物の撮影に成功しているが、今回ほど可愛くはない。

関連記事

79歳の日本人男性が毎日、大親友に会いに海底へ

タグ
エンタメ, おもしろい, かわいい, びっくり, 科学
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント