20:56 2020年09月29日
エンタメ
短縮 URL
0 112
でフォローする

ハリウッド映画『マトリックス』三部作のオープニングで流れ落ちる緑色のカタカナ混じりの文字コードは、実は寿司のレシピから抜粋して作られたものだった。作品のプロダクション・デザイナーを務めたサイモン・ホワイトリーさんが明かした。

スプートニク日本

ホワイトリーさんは「みんなに喜んで打ち明ける話なのですが、あのマトリックス・コードは、実は日本の寿司のレシピなのです」と話し、日本人の妻が持っていた料理本から文字を借用して作成したと説明。そして「あのコードなしには『マトリックス』は成立しません」とコメントした。

映画『マトリックス』はウォシャウスキー兄弟(現在は性転換して姉妹)監督が1999年に撮影した作品。2003年には続編の『マトリックス・リローデッド』、『マトリックス レボリューションズ』がそれぞれ公開された。

タグ
映画, 動画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント