11:50 2018年05月21日
東京+ 22°C
モスクワ+ 6°C
    ゲームアプリ『Trap Adventure 2』

    プレーヤーを「憎悪」 マリオ風日本製ゲームが話題に【動画】

    © Screenshoot: Robert McGregor
    エンタメ
    短縮 URL
    0 43

    ゲームアプリ『Trap Adventure 2』を攻略しようとするものの、ありとあらゆる一歩が主人公の死につながってしまう動画がネット上に投稿され、1300万回以上視聴されている。

    スプートニク日本

    『スーパーマリオブラザーズ』を思わせるこの日本製ゲームでは、主人公がトンネルに沿って移動したり、底に棘が生えた断崖を飛び越えたりする。プレーヤーが進む道にある障害物は、主人公がそれに足を踏み入れる瞬間に突然消えたり、逆さになったり、棘で覆われたりする。

    大多数のツイッターユーザーは、このゲームが「悪」だとの結論に達している。「これを見ていると、自分の中で怒りが沸騰し始めるのを感じる。どんな意地悪な天才がこれを作ったのか」(Woxjeさん)、「はっは。悪だ。全くの悪だ!」(Roysteriniさん)、「この悪魔のゲームはいったい何だ??」(Rodrigo Brancoさん)、「このゲームは君を単に憎悪している」(Robert Jonsson‏さん)。

    別の人々は、棘や罠をよけようとして失敗する試みを自分の日常に例えている。「まるで私の生活のように見える」(BetaPaxさん)。

    ユーザーの3つ目のグループは、このゲームが「耐え難い痛み」を感じさせ、何かを破壊したいという願望を煽ると指摘している。「苦痛で頭が禿げる」(LeveLEOさん)、「電話がばらばらに飛び散って終わることになる」(Khaled Mさん)。

    このアプリは既に2016年にリリースされていたが、人気を獲得したのは18年1月になってからだ。現在までにこのゲームは、「App Store」で最も多くダウンロードされたアプリの一つになっている。

    関連ニュース

    中国でまたまた日本のゲームが大人気【写真】

    スーパーマリオ64、高齢者の脳の灰白質を増やす

    自民党、五輪に向けeスポーツ環境整備へ

    タグ
    ゲーム, おもしろい, テクノ, エンタメ, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント