15:17 2018年06月21日
宝くじ

ガソリンスタンド従業員、1億円相当の宝くじを落とし主に渡す

© Fotolia / Amalagna
エンタメ
短縮 URL
0 50

米カンザス州でガソリンスタンドの従業員が、100万ドル(約1億円)相当の宝くじを忘れた男性に宝くじを返した。ABCニュース(電子版)が報じた。

スプートニク日本

匿名希望の男性は3枚の宝くじを買い、給油のためガソリンスタンドに寄った。うち1枚をそこで忘れた。従業員が宝くじを確認すると、100万ドルが当たった宝くじだと判明した。

従業員は男性を待ち続け、男性は宝くじを再び手に入れた。

地元の弁護士事務所は正直なガソリンスタンドの従業員に対し、善行に対する感謝として1200ドル(約13万円)の小切手を渡した。

関連ニュース

ロトに結婚記念日の数字を入れた女性が、大金を獲得

1週間で2枚くじに当たった強運男、2億円に当選

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント