17:34 2018年11月16日
パナマ国旗

米国人女性、独立記念日に毎年着ていたのはパナマ国旗が描かれたTシャツだった-W杯で気づく【写真】

© Sputnik / Ramil Sitdikov
エンタメ
短縮 URL
0 50

米国人女性は、米独立記念日に毎年着ているTシャツには米国の国旗が描かれていると思っていた。米テキサス州ヒューストンに住むデイル・チーズマンさん一家は、祖母が米独立記念日を記念して25年間毎年着ていたTシャツには、実はパナマの国旗が描かれていたことを発見した。ロシアで開催中のサッカーW杯のおかげで気づいたという。パナマ代表は今回W杯に初出場した。

スプートニク日本

チーズマンさんはツイッターに「私の祖母は、星と赤・白・青のストライプ入りの同じTシャツを毎年7月4日に着ています。もう25年以上になります」と投稿した。

チーズマンさんは「W杯のおかげでこれがパナマの国旗であることに気づきました。25年以上の国家反逆だ!」とジョークを飛ばしている。

パナマ代表は今回W杯に初出場した。

​チーズマンさん一家はこの出来事を笑って受け入れたが、チーズマンさんがツイッターに投稿した後、パナマの大勢の住民がチーズマンさんの祖母を支持し、11月3日のパナマ独立記念日にこのTシャツを着用し、パナマを訪れるよう提案した。

​なおチーズマンさんの祖母はこの発見に気を落とすことはなく、家族の伝統であるため、今後もこのTシャツを着る意向だという。

関連ニュース

W杯日本代表の試合結果予測のタコが食される

「ソーセージが勝利をもたらす!」 ロシア・スペイン戦を巡るサッカーW杯ロシア大会のファンたち

タグ
スポーツ, サッカー, パナマ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント