10:25 2020年06月04日
エンタメ
短縮 URL
0 50
でフォローする

ロシア北部アルハンゲリスク州で、サッカーボールの形をした珍しいダイヤモンドが見つかった。

スプートニク日本

ロシアでサッカーW杯が開催されていることを考慮すると、非常に象徴的な出来事だ。

ダイヤモンドは0.5カラット(重量)で、大きさは3.5ミリ×3.2ミリと小さく、形はサッカーボールを彷彿させる。

アルハンゲリスク州のイーゴリ・オルロフ知事は、先日行われたロシア対スペインの試合でのPK戦でロシアのゴールを見事に守ったロシア代表チームのGKアキンフェエフ選手に敬意を表し、ダイヤモンドを「アキンフェエフ」と名付けるよう提案した。

関連ニュース

ロシアで欧州最大のダイヤ鉱石が発見

アフリカで巨大ダイヤ原石が発掘

タグ
自然, スポーツ, サッカー, 2018年のロシアW杯, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント