15:56 2018年11月18日
Twitterユーザー、最も人気のない絵文字の「救済」に乗り出す

Twitterユーザー、最も人気のない絵文字の「救済」に乗り出す【写真】

© Depositphotos / Nicomenijes
エンタメ
短縮 URL
0 10

大学生のジェレミーさんは、SNSで一番使用頻度の少ない絵文字を毎日ツイッターで伝える「ボット」をつくった。

スプートニク日本

2018年5月の使用頻度ワースト1位は「ロープウェイ」だった。「ロープウェイ」は2カ月以上、最下位にとどまっている。そして今やみんなが、ロープウェイの「救済」を望んでいる。

​ユーザーたちは、「かわいそうな」ロープウェイ絵文字の投稿を開始した。

​関連ニュース

グッチ、犬の顔の絵文字を提供へ

日本のネットユーザーたちが「好きな作品を絵文字だけで」表現

タグ
SNS, インターネット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント