12:40 2018年08月22日
ねこ(アーカイブ写真)

豪華ホテルの3匹の猫:高級ホテルの客の惹きつけ方【写真・動画】

CC0 / Pixabay
エンタメ
短縮 URL
0 61

ホテルの人気を高めることができるのは、サービス、豪華な客室やレストランだけではない。しっぽのある毛の生えた「スタッフ」も、人気アップに一役買っている。通信社スプートニクが、ホテルのマスコットとなっている猫たちについてお伝えする。

スプートニク日本

米ニューヨークにある有名なホテル「ザ・アルゴンキン・ホテル」には、1920年から猫が暮らしている。ホテルがオープンしたのは1902年。すべては豪華なホテルにお腹を空かせた野良猫が訪れ、スタッフや客にとても愛されたことから始まった。

それ以来、「王朝」は途切れることなく続いている。1匹の猫が「年金生活」に入ると(通常はスタッフの家に引き取られる)、別の野良猫あるいは猫の保護施設から新しい猫がやってくる。

現在のマスコットは、茶トラのオス猫ハムレットだ。なお代々オス猫はハムレット、雌猫はマチルダと名付けられている。

「ヴォーグ」によると、ハムレットは受付カウンターにぶら下がったり、猫用の家から客やスタッフを眺めるのが好きだという。ハムレットにはファンからメールが届いたり、プレゼントが贈られたりするほか、ハムレットのSNSもあり、頻繁に更新されている。

90年以上の歴史を持つフランスのホテル「ル・ブリストル・パリ」にも、4本足の毛の生えたスタッフたちがいる。チーフ猫のファラオは、ロビーで客を出迎え、レストランへ同行する。ファラオは5月末に8歳になった。

ファラオには、クレオパトラという名のガールフレンドがいる。クレオパトラはドイツにある「ブレナーズ・パークホテル&スパ」で暮らしている。クレオパトラの誕生日は4月。ファラオはクレオパトラの誕生日を祝福し、そのお祝いにはロシアのファンたちも加わった。

クレオパトラはもちろんホテルでも誕生日を祝ってもらい、プレゼントを受け取った。

クレオパトラもホテルのマスコット兼お守り役だ。クレオパトラはホテルの客を魅了しているほか、SNSにもクレオパトラのファンが大勢いる。

これより前、神奈川県にある旅館が、ネコを借りて一緒に泊まれるサービスで話題なった。

タグ
ネコ, かわいい, おもしろい, 旅行, エンタメ, 動物
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント