19:34 2018年10月18日
ハンバーグ

注意 旨くて危険! 世界の不健康な料理たち【写真】

© Depositphotos / Kesu01
エンタメ
短縮 URL
0 95

燻製リブ肉にソーセージにフライドポテト、バクラヴァにヌガー。地元めしは、輪郭のはっきりした珍しい味で観光客を引き寄せる。だが、国民的料理だってどれも健康的とは限らない。

スプートニク日本

チェコ

濃厚な甘味を持つこってりとしたチェコ料理は、世界で最もカロリーが高いのではないか。脂に満ちた燻製ハムホック(骨付きの豚足)にクネーデル、マリネしたソーセージ。そして生地を使ったあらゆる料理。忘れてはならないのがもちろん、国民的飲料のビールだ。

チェコ料理
© Depositphotos / Сorvalola
チェコ料理

米国

フライドポテトやマッシュポテトなど、伝統的な米国料理の多くは17〜18世紀に英国からもたらされた。また若き国はドイツ(ハンバーグ)、イタリア(マカロニにピザ)、中国(炒飯)からレシピを取り入れた。結果、「最も美味しいもの」全ての混合物が出来上がったが、残念ながら、健康的ではない。

ハンバーグと女性
ハンバーグと女性

ドイツ

ドイツは高カロリー国民食を持つ更なる国。骨付きの豚足やウインナー、ソーセージ、シュニッツェル、ポテトサラダ、シュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテなどがある。ドイツで消費される肉の3分の2は豚肉、20%は鶏肉、15%だけが牛肉。これを流し込むのはビール。

ドイツ料理
© Sputnik / Alexey Vitvitsky
ドイツ料理

アルゼンチン

アルゼンチン肉は世界最高峰の肉の1つだと考えられている。その肉は同国の毎日の食事のベースを成し、様々な料理の基である。だがアルゼンチン料理が重いことは覚えておく方がいい。大量の脂質に単純な炭水化物、糖分、白パン。食物繊維は少ない。

アルゼンチン料理
© Depositphotos / Kesu01
アルゼンチン料理

ベラルーシ

ベラルーシ人のじゃがいも愛は、アネクドート(小話)や冗談の種だ。現地住民は実際に頻繁にじゃがいもを摂取する。だがじゃがいもを低カロリー食とは言えない。頻繁に摂取し、しかも油やサワークリーム、肉を付け合わせると、肥満の原因になりうる。

ジャガイモの料理
© Depositphotos / Eddie100164
ジャガイモの料理

モンゴル

モンゴル料理は不健康なだけでなく、バランスが取れていない。メインは焼いた肉と発酵乳製品で、特に新鮮な野菜がほぼ完全に欠けている。お茶でさえ、乳とともに飲まれる

モンゴル料理
© AFP 2018 / Joel Saget
モンゴル料理
タグ
健康, 食品
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント