09:03 2018年10月23日
ザギトワとリラックマ

これ、ザギトワは食べれる?? 「カワイイ」日本が今度は「リラックまん」【写真】

© 写真: Instagram / Alina Zagitova
エンタメ
短縮 URL
0 100

日本でローソンが9月25日からリラックマの中華まんじゅう「リラックまん」を発売開始を発表した。この驚きのニュースは日本のネットユーザーの間を瞬く間に駆け巡った。そしておそらくロシア・フィギュアのザギトワ選手だって無関心ではいられないだろう。

スプートニク日本

ロシアにとっては日本は「カワイイ」国だ。驚くなかれ、「カワイイ」という日本語はもうロシア語に入ってしまっている。そのロシアでは、日本の可愛いキャラクターはアニメ好き世代の中で急速に浸透している。 なかでもリラックマはあの平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワが大好きなことで知名度を高めた。

しかし…。

はたしてザギトワにはこれを食べる勇気はあるだろうか? チョコレート味の「リラックまん」の発売ニュースは、ロシアの日本大好き人口をも揺るがした。あまりにカワイすぎる。どこから食べていいのだろうか? 耳か? ほっぺたか? リラックマは痛がらないだろうか?

こうした心情に国境はない。日本のSNSではすでに「どこから割る?」「これは食べるの勇気いるなぁ。かわいすぎるもん」という動揺が表明されているほか、商売心を煽るようなカスタード味の「コリラまん」を待望する声が挙げられている。

日本の商品展開方法は、市場経済に移行して20数年のロシアには唖然とする発想ばかり。ロシアの高級スーパーで日本の四角いスイカが売られた時は、法外な価格に手はでなくてもみんなが店をのぞきにいった。そうかと思うと今度は四角いスイカの形のパンが登場。日本はロシアにとっては驚きの「ジパング(黄金の国)」だ。

関連記事

タグ
食べ物, かわいい, びっくり, おもしろい, エンタメ, アリーナ・ザギトワ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント