22:32 2018年10月21日
メーガン

メーガン妃が車のドアを自分で閉めたのは礼儀違反かと皆が議論 これはそのような深刻な過失か?

© REUTERS / Arthur Edwards/Pool
エンタメ
短縮 URL
131

サセックス公爵夫人が、公の場としては初めて1人で王立芸術院の展覧会を訪れ、人々に微笑んで自動車のドアを自分で閉めた。このことがSNSで嵐のような議論と非常に多様な反応を引き起こしたが、メーガン妃が儀礼に違反したというのは本当だろうか?

スプートニク日本

ある人々はメーガン妃の「飾り気のない」「控え目な」振る舞いに感嘆し、別の人々は、王室の随員の誰かが今後仕事を失うだろうと冗談を飛ばした。

タブロイド紙「サン」のエミリー・アンドリューズ王室特派員は、「車のドアを閉めるための時間を惜しまなかった公爵夫人。よくやった、メーガン妃!」と書き込んだ。

「メーガン・マークルさんからインスピレーションを受けたので、今日の朝、家を出る時に私は自分でドアを閉めた!」といった意味のジョークも数多くあった。

礼儀作法の専門家、ウィリアム・ハンソン氏は、メーガン妃が自分でドアを閉めたことは儀礼違反では全くないと強調。確かに、王族メンバーのためにドアの開閉が行われるが、ハンソン氏の見解では、これは安全確保の問題であって、振る舞いやマナーの問題ではないという。

しかし、忘れてはならないのは、メーガン妃が今後違反してはならない一定の規則があるということだ。

王族のメンバーとなった今、もはやメーガン妃は自撮りをしたり、サインを配ったり、投票したり、SNSを利用したりできない。ドアに関する違反については、許されるかもしれない。

あるツイッターユーザーも、自分でドアを閉めたのは、実際にはメーガン妃が初めてではないと指摘。かつて以前、キャサリン妃もそのように振る舞った。

関連ニュース

タグ
びっくり, おもしろい, SNS, エンタメ, メーガン妃, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント