14:38 2018年10月20日
「我々はどん底に達した」 マクロン仏大統領の黒人青年らとの写真が世論に衝撃「我々はどん底に達した」 マクロン仏大統領の黒人青年らとの写真が世論に衝撃

「我々はどん底に達した」 マクロン仏大統領の黒人青年らとの写真が世論に衝撃【写真】

© AFP 2018 / Eliot Blondet © AFP 2018 / Eliot Blondet
1 / 2
エンタメ
短縮 URL
1182

フランス世論は、訪問先の黒人青年らと写っている写真で、エマニュエル・マクロン仏大統領を厳しく批判した。スプートニク・フランスが報じた。この写真は、昨年、ハリケーン「イルマ」により深刻な被害に見舞われたカリブ海のセント・マーチン島を、マクロン大統領が訪問した時に撮影された。マクロン大統領は、現地の住民に約束した通り、自ら復興作業の経過を視察するために訪れた。

スプートニク日本

今回、批判の対象となったのは、マクロン大統領が上半身裸の青年と肩を組んで写っている写真。この青年は、カメラに向かって中指を立てるポーズをとっている。ツイッターの投稿によれば、この青年は、以前盗みをはたらき、最近刑務所から出てきたばかりだという。

​ネットユーザーからは、すぐに反応が返ってきた。

「ほとんどなにも残っていない。残ったのは、下品な夜に失った威厳のかけらだけ。大統領のスーツはあまりにもだぶだぶになった」とジャーナリストのロバート・メナード氏はつぶやいた。

「この写真で私が驚かされるのは、マカロン大統領がこの2人の青年にしかるべき服装をするように求めなかったことだ。彼は、一国の大統領であり、ある程度の敬意をもって受け入れられるべきだった」と、画家のガブリエル・ロビン氏は投稿した。

​「我々はどん底に達した! 私はいま、マクロン大統領が自分の職務を遂行する能力がないと確信した」と、仏活動家のカリーム・アウチクフ氏はコメントした。

タグ
エマニュエル・マクロン, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント