21:15 2018年12月18日
ローザ

外科ロボットによる不妊治療手術を受けた豚が出産【写真】

© Sputnik / Artyom Korenyuk
エンタメ
短縮 URL
0 10

ロシア製外科ロボットによる不妊治療を受けた豚のローザが6匹の子豚を出産した。不妊治療ではじめて生まれた子豚の写真が5日、沿ヴォルガ地方のペンザ州に住むローザのアカウント名でインスタグラムにアップされた。

スプートニク日本

ローザは、外科ロボットから不妊手術を受けるはじめての「患者」として、2018年3月、ロシア全土で有名になった。

​手術は、ロシア保健・社会開発省主任泌尿器科医のドミトリー・プシュカル医師が行った。

​外科ロボットは助手を務め、「患者」の身体に極小の穴を開けた。こうした小さな穴による手術は、通常の手術よりも傷の治りがはるかに早いという利点がある。

子豚たちの今後の状態により、実験の成否や、人間にとって安全かどうかが判断される。

関連ニュース

ロンドンでロボットを使った珍しい腫瘍摘出手術が行われる

当局に認可された高精度手術用ロボット 米国で使用開始へ

タグ
ロボット, 動物, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント