04:20 2018年12月14日
村上春樹氏(アーカイブ写真)

村上春樹氏、最悪性描写賞にノミネート

© AP Photo / Eugene Hoshiko
エンタメ
短縮 URL
0 51

英文芸誌Literary Reviewが毎年、最悪の性描写を描いた作品に贈る賞に作家の村上春樹氏がノミネートした。該当する箇所のテキストは英紙ガーディアンが公開した。

スプートニク日本

受賞候補作は村上氏の最新の長編小説『騎士団長殺し』。

その他に、7人の作家がノミネートされた。女性はその中にいない。受賞者は12月3日に発表される。

村上春樹氏、小説家の極意について語る
© AFP 2018 / Scanpix Denmark / Henning Bagger
村上氏は2011年に『1Q84』で、2014年に『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』で候補に挙がったことがある。

村上氏は先に、ノーベル文学賞に代わる賞への参加を辞退した。

関連ニュース

ブッカー賞候補にコミック 史上初

英国クリスティーズ 露文豪プーシキンとドストエフスキーの初版を競売へ

タグ
びっくり, おもしろい, 文化, エンタメ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント