20:05 2019年04月24日
ドナルド・ダック(アーカイブ写真)

30年前の落し物に神対応 文化財を大切にする博物館 ぬいぐるみの落し物も大切保管

© Pixabay: dassel
エンタメ
短縮 URL
0 81

山形県の博物館が行った落し物への対応が、ネットで大きな話題を呼んでいる。ねとらぼが報じた。

スプートニク日本

致道博物館は1950年に、地方文化の向上発展を目的に地域伝来の文化財などの博物館として設立された。その博物館の公式ツイッターアカウントが投稿した、30年前のぬいぐるみの落し物への対応が、まさに神対応。

30年前、博物館の駐車場にドナルド・ダックのぬいぐるみが落ちていた。落し物として預かった当初は博物館はすぐに持ち主から連絡があると考えていた。その日から、大切に保管がされ続けている。

ぬいぐるみは、単に保管されているだけではなく、新しい服が用意されたり、お風呂に入れてもらったりするなど、持ち主がいつ現れてもいいように、大切に保管されていた。その様子は、随時ツイッターで紹介されていた。ドナルドの服を新調したのは、ツイッター担当者。「ぼろぼろになっていたのを見かねて」30年前の冬に編んだのが最初だという。

投稿を見た人たちからは、たくさんのコメントが寄せられた。「えっ!お風呂まで…! スタッフさん優しすぎ…(゚Д゚) 」や「胸がいっぱいになりました。私のではないけど、お礼を申し上げたい気持ちです。」など、どれも同博物館の神対応に感動をしたというもの。

ツイートは1万回近くリツイートされており、このことを通じて持ち主が現れることが期待される。

致道博物館は、「当時の職員が何人かいるので、持ち主が現れた場合は当時の状況を説明していただき、内容が合致すればお渡し」したいと語った。

タグ
びっくり, おもしろい, エンタメ, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント