23:13 2020年08月06日
エンタメ
短縮 URL
2018年の話題を総括 (64)
0 22
でフォローする

毎年12月、ユーチューブは、人気のあるブロガーを招待する「リワインド」と呼ばれるトレンドとミームへのリンクを含むビデオをまとめる。実際に過去数年間、ユーザーはますます不満を感じていた。今年ははじめて、「ディスライク」数(執筆時点で1100万)が「ライク」数(220万人)を超えた。

スプートニク日本

第一にユーザーは、ユーチューブの選択に不満を抱いた。なぜなら、西側諸国のユーザーでさえ、ほとんど内容が分からなかったからだ。

さらに、「Youtube Rewind2018」の予算が明らかに低かったが、これは驚くことではない。今回は半分の人数で作業がされたためだ。

もちろん、今年最大のブロガーである「PewDiePie」が存在しないことも、彼らをがっかりさせた。

このビデオは、980万の「ディスライク」を集めたジャスティン・ビーバーのビデオクリップ「ベイビー」の記録を破った。

関連ニュース

世界で一番幸せになれる場所は東京ディズニーランド インスタ発表

米大統領の名前 2018年版「最悪のパスワード・ワースト100」のトップ25入り

トピック
2018年の話題を総括 (64)
タグ
番付・ランキング, びっくり, おもしろい, 映画, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント