17:42 2019年01月21日
黒澤明監督の『羅生門』

黒澤明監督の『羅生門』 テレビシリーズ化へ

© 写真 : Daiei Motion Picture Co. Ltd., 1950
エンタメ
短縮 URL
0 10

スティーヴン・スピバーグ監督の制作会社「アンブリン・テレビジョン」は、黒澤明監督の映画『羅生門』(1950年)をテレビドラマ化する権利を獲得、『羅生門』のテレビシリーズを制作する予定だ。オンラインマガジン「デッドライン」が報じた。

スプートニク日本

同社の計画では、シーズンが10話で構成され、さまざまな登場人物が同じストーリーを描く。

このプロジェクトは、ダリル・フランク氏とジャスティン・ファルヴィ氏がプロデュースを務める。両氏は今年、ネットフリックスのシリーズドラマ「ホーンティング」の製作を指揮した。

黒澤明の『羅生門』は、さまざまな登場人物の視点を通じ、「侍殺し」という1つの事件を描いた映画史上初めての作品だった。

関連ニュース

タグ
びっくり, エンタメ, 映画, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント