09:07 2019年07月23日
2018年に話題となった優れた映画

2018年に話題となった優れた映画

© Flickr/ m4tik
エンタメ
短縮 URL
2018年の話題を総括 (64)
0 20

全米映画批評家協会(NSFC)は、2018年の優れた作品に中国のクロエ・ジャオ(Chloé Zhao)監督作品『ザ・ライダー』を選出した。米誌『ハリウッド・リポーター』が報じた。

スプートニク日本

クロエ・ジャオ監督の作品は、頭部に重傷を負ったことから自身のキャリアを諦めざるを得なくなったカウボーイを描いたもの。主役の青年は、困難な中で再び自分の人生の意味を求めて葛藤する。

続く第2位は、メキシコのアルフォンソ・キュアロン監督の『ローマ(ROMA)』。作品は2位だったが、キュアロン監督は2018年の最優秀監督に選ばれている。

第3位は韓国のイ・チャンドン 監督の作品『バーニング 劇場版』が占めた。

関連ニュース

ロシアと日本の戦い、冠を奪われた王者、ボンドガール  2018年の最も驚いたスポーツ界の出来事

2018年の日本はどうだった? 10のワクワクレポートを一挙にご紹介

トピック
2018年の話題を総括 (64)
タグ
文化, 映画
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント