17:01 2019年07月18日
キティちゃんの店

ニュー・ライン・シネマが、「ハローキティ」を映画化へ

© AP Photo / Shizuo Kambayashi
エンタメ
短縮 URL
0 0 0

ワーナー・ブラザース・エンターテイメント傘下の映画製作会社ニュー・ライン・シネマが、日本のサンリオから同社の人気キャラクター「ハローキティ」を映画化する権利を獲得した。「ハローキティ」の誕生から45年で初の映画化となる。AP通信が報じた。

スプートニク日本

ニュー・ライン・シネマは、「ハローキティ」の他に「マイメロディ」や「リトルツインスターズ」、また日本や韓国で人気の「ぐでたま」などの全キャラクターの権利を獲得したという。

なおアニメ映画になるのか、実写映画になるのかは今のところ不明。

プロデューサーを務めるのはボー・フリン氏。

なお、ニュー・ライン・シネマにとってキティが話をしなかったり、表情を変えたりしないことは懸念材料にはならなかったという。

関連ニュース

タグ
映画
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント