16:56 2019年06月27日
ヘマトゲン

ロシア人の「牛血キャンディー」愛に米記者が驚く

© Depositphotos / Firstblood
エンタメ
短縮 URL
0 12

米国人記者のマーク・ヘイ氏はロシア人の間のヘマトゲン人気に関する記事「ロシアはいかに血液キャンディーに恋に落ちたか」をメディアサイト「Vice」に寄稿した。

スプートニク日本

ヘマトゲンは小さなチョコレートのような見た目。だが独特の味がする。これは牛の血を加工して加えているためだ。牛の血液は鉄分と脂肪分、タンパク質などの栄養素が豊富で健康に良い。

ヘイ氏によると、ソ連時代には食品の成分に関心を持たず、実際に何を食べているか知らない人も多かった。

だが多くの人はヘマトゲンと鉄のかすかな味を愛し、通常のチョコレートよりも好んだという。ヘイ氏が指摘するところ、ヘマトゲンは今に至るまでロシア人の間で高い人気を誇る。

血液学者のトマス・デローアリー氏は著者の疑問を一部解消し、ヘマトゲンの効能にお墨付きを与えた。デローアリー氏によると、サプリメントの鉄分よりヘマトゲンに含まれる血液由来の鉄分は体内により効率よく吸収される。

タグ
食品, 健康, ソビエト連邦, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント