03:59 2021年10月17日
エンタメ
短縮 URL
0 11
でフォローする

日本企業の「オープン・ミールズ(Open Meals)」社は、レストラン「スシ・シングラリティ(Sushi Singularity)」のコンセプトを発表した。このレストランではすべての料理が、お客たち個人の特性を考慮して準備される。こうした特性は、それぞれの顧客の生物学的サンプルから得られたDNAの分析によって示される。 このレストランは2020年に東京でオープン予定。オンラインマガジン「デジーン(Dezeen)」が報じた。

スプートニク日本

客はレストラン来店の2週間前に、唾液、便、尿のサンプルを提出する。レストランのスタッフはお客のDNAを抽出、分析して、その客にとって摂取が必要な食材から料理を作る。

料理の準備はロボット・マニピュレーターが行なう。ロボットのアームにはさまざまな栄養素が入った14本のシリンダーが接続されており、寿司を作るとき、客に必要なこれらの栄養素が料理に加えられるという仕組み。

関連ニュース

欧州初の水中レストランがノルウェーにオープン【写真・動画】

天ぷら大吉」 礼儀作法を忘れて美味しい食事に満足できる店【写真】

タグ
日本, 食品, 文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント