04:00 2019年06月26日
ビール

46日ビール断食で20キロ減量 四旬節で

© Fotolia / Volff
エンタメ
短縮 URL
0 30

米オハイオ州ニュータウンに住む男性が、復活差(イースター)前の四旬節にあたる46日にわたり、食事を全てビールに置き換えたところ、20キログラムの減量に成功した。デール・ホールさんはサイト「LADbible」のインタビューで語った。

スプートニク日本

ホールさんは、四旬節の食事の栄養価を高めるため自家製ビールを摂取していた独バイエルンの修道士の例にならった。3月6日からの46日間、毎日2〜5杯のビールを飲んだ。その間は断食を一切破らなかったという。ビールに加え、水とブラックコーヒーは飲んでいた。

​カトリック教会のイースターにあたる4月21日までに、20キログラムの減量に成功し、およそ112キロになった。

ホールさんは、実験のあと健康状態は向上したと述べる。

「コレステロール値と血糖値が下がって、血圧も低下したんだ」

食事への依存を減らして自分にチャレンジしたかったのが理由で、減量は目的ではなかったという。

関連ニュース

変わったダイエット法が考案される 鍵は目標の想像

タグ
健康, フィットネス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント