20:00 2019年06月25日
トイプードル、滋賀県警で警察犬に

トイプードル、滋賀県警で警察犬に【写真】

CC0 / Pixabay/PetraSolajova
エンタメ
短縮 URL
0 10

トイプードルの「マル」が滋賀県警の警察犬になった。滋賀県警初となる小型犬のマルは嗅覚が優れており、捜索に役立つと期待されている。朝日新聞が報じた。

スプートニク日本

飼い主はしつけの一環で「マル」を栗東ドッグスクールに通わせた。ドッグトレーナーは、隠されたおもちゃを見つける成績が他の犬より良いなど、マルの優れた嗅覚を見出した。

​ドッグトレーナーの高畑伊津香さんは2017年から警察犬を目指す訓練をマルに施し始めた。服従訓練や匂いの嗅ぎ分けなどを鍛えた。訓練のかいあって、マルは昨年11月、警察犬の審査会に初挑戦で合格した。

​高畑さんは、大型犬に比べて威圧感が少なく、捜査中だということがわかりにくいとメリットを挙げた。さらに、持久力などは他の犬に劣らないという。

関連ニュース

タグ
エンタメ, かわいい, 動物, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント