14:45 2019年06月16日
フェイスブック

ハッカー犬、フェイスブックの投稿数百件を削除

CC0 / Pixabay
エンタメ
短縮 URL
0 30

イヌが偶然、フェイスブックの投稿数百件を削除し、年配の飼い主を困惑させた。英タブロイド紙Metroが報じた。

スプートニク日本

英国の小さな町、タットベリーに住むリンダ・ミームスさん(69)は客間のソファに携帯を置いて、部屋を出た。戻ったミームスさんがフェイスブックに入ると、グループ「Spotted Tutbury」に投稿したポスト数百件が削除されていることに気づいた。

ミームスさんはグループの管理人に、削除当時は風呂場にいたと説明。ハッキングされたと考えたミームスさんは、即座に全てのパスワードを変更した。 

しばらくして、ミームスさんは3歳の犬、ボーの下から鳴る奇妙な音に気づいた。ボーはこの間ずっと携帯の上に座っており、偶然ポストを削除したほか、グループの写真を変更していたと判明した。ミームスさんは、多くのネットユーザーがボーの行為を笑顔で受け止め、ハッカーとの称号を与えたと述べる。

​関連ニュース

 

タグ
英国, SNS, びっくり, ペット, 動物, エンタメ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント