09:32 2019年08月19日
ハッカー(アーカイブ写真)

世界で最も危険な6つのマルウェアに感染したノートPC、100万ドルで売りに出される

© Sputnik / Vladimir Trefilov
エンタメ
短縮 URL
0 01

中国の芸術家、郭偶東氏が、自身の作品『The Persistence of Chaos』をオークションにかけた。これは世界で最も危険な6つのマルウェアに感染したノートPC。

スプートニク日本

PCは、マルウェア「BlackEnergy」、「Dark Tequila」、「SoBig」、「MyDoom」、「ILOVEYOU」、「WannaCry」に感染している。

これら6つのマルウェアは、世界経済に約950億ドルの損害を与えた。

郭氏によると、ノートPC自体は、USBを接続りたり、Wi-Fiに接続しない限り危険ではないという。

オークション結果は27日に明らかになる。郭氏はサイトPersistence of Chaosでライブ中継を行っている。

記事作成時、入札額は120万ドルを超えていた。

タグ
コンピュータウイルス, 芸術, 中国, コンピューター, ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント