19:49 2020年08月11日
エンタメ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

4日、米ラスベガスで始まった米アマゾンのカンファレンス「Amazon re:MAR」でボストン・ダイナミクスがロボット犬「SpotMini」をお披露目した。だが少しばかり失敗もあった。 

スプートニク日本

有名なロボット犬である「SpotMini」は、ボストン・ダイナミクス社の講演中にステージ上を歩いていた。講演でちょうど、「SpotMini」が移動できる表面につ話されていたとき、「SpotMini」は前足を急激に曲げてぐるぐると回り始めたと思いきや、仰向けに転倒。これは観客の笑いを誘い、講演は自然に次のテーマに移った。 

「SpotMini」は同社の看板ロボットの1つ。巨大なトラックを引っ張ったり、ダンスを踊る様子も先に公開された。ボストン・ダイナミクス社はロボットを一般消費者に向け販売する方針で、商用利用の可能性も伝えている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント