00:46 2019年09月23日
ドイツ語のサーカスで動物の代わりにそのホログラムが出演 

ドイツのサーカス団 動物の代わりにそのホログラムが出演

© Screenshot: CircusRoncalli
エンタメ
短縮 URL
0 10
でフォローする

ドイツのロンカリサーカスは、本物の動物からホログラムの動物による演出に切り替えた。動物をサーカスで使うことはドイツでは問題ないが、多くの欧州諸国ではすでに禁止されている。英紙デイリー・メールが報じた。

スプートニク日本

どんな席からでもホログラムが見せるよう設定したシステムは50万ユーロ以上かかった。だが同プログラムを用いた演目では、1枚29~70ユーロのチケットがすでに60万枚売れた。

技術革新について動物保護組織「アニマル・ディフェンダーズ・インターナショナル(ADI)」のヤン・クリーマー会長は「これはサーカスの未来だ。誰もが楽しめるパフォーマンスで、そのために知的で感情を持つ生物が利用され、娯楽の対象として描かれていない」と述べた。

日本でホログラムを用いたイベントには、ボーカロイドなどのコンサートがある。

関連ニュース

タグ
すごい, 動物, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント