03:40 2020年01月20日
エンタメ
短縮 URL
0 32
でフォローする

6月21日、スタジオジブリ作品『千と千尋の神隠し』が中国ではじめて上映された。公式リリースから18年を経ての公開となった。上映第1週の収益は4370万ドル(約47億円)を記録した。香港紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

同紙によれば、『千と千尋の神隠し』の来場者の中心は子どもではなく、大人だったという。先月末の公式な公開まで、中国では、同作品は海賊版でしか観ることができなかった。

『千と千尋の神隠し』は、中国で公開されたスタジオジブリの2つ目の作品となった。中国では長い間、宮崎駿監督のアニメ作品の上映が禁止されていた。昨年12月、日本公開から30年を経て、中国の配給会社が同監督作品『となりのトトロ』をはじめて公開した。

関連ニュース

『千と千尋の神隠し』 中国での上映を前に宮崎監督からメッセージ【写真】

タグ
アニメ, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント