21:15 2020年11月27日
エンタメ
短縮 URL
0 20
でフォローする

米国メーン州ケネバンクポートで見つかった奇妙な白い生き物が、とても珍しいヤマアラシのアルビノ(白子)であることが判明した。米紙「マイアミ・ヘラルド」が報じた。

地域の鉄道博物館を訪れた人々は、この不思議な生き物に興味を持ち、動く白髪のカツラを連想した。このアルビノヤマアラシは、通常のヤマアラシと違い、特徴である長い針が背中にない。その他にも、このヤマアラシはサイズが小さい。

硬い針がないのは、ひょっとするとまだ大人ではなく、子どもだからかもしれない。ヤマアラシは、生まれたときは柔らかい針を持ち、大きくなるのと同時に針が硬くなっていく。それでいえば、このヤマアラシはまだこんなにも小さい。

色については、このヤマアラシはアルビノであり、先天的にメラニン色素がない。ヤマアラシは、1万匹に1匹の割合でアルビノが生まれることが知られている。

関連ニュース

タグ
びっくり, 動物, 謎の生物, エンタメ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント