06:06 2019年12月15日
ディリン

ダウニング街の猫「ラリー」にライバル出現:ジョンソン首相が保護施設から子犬を引き取る

© AFP 2019 /
エンタメ
短縮 URL
0 20
でフォローする

英首相官邸が、さらに窮屈になった。ダウニング街にある首相官邸では気難しい猫「ラリー」、ジョンソン英首相と交際相手のシモンズさんだけでなく、新たにジャックラッセルテリアの子犬「ディリン」が暮らし始めた。

ブリーダーは、顎に問題があったためディリン(生後15週間)を放棄した。

​ジョンソン首相とシモンズさんは、保護施設からディリンを引き取り、ダウニング街の首相官邸に運び込んだ。

英首相官邸の「ネズミ捕獲長」であるラリーが、ディリンにどのような反応を示しているのかは不明。

ラリーはそもそも他の動物が好きではなく、他の動物たちと仲良くするよりも、ゆっくり眠ることを好んでいる。

なお、ラリーにはディリンとの問題は起こらないとみられる。ディリンは保護施設で他の猫と一緒に暮らしていたからだ。また保護施設の職員たちによると、ディリンはおとなしく、すでに最も簡単なコマンド(指示)を身につけているという。

関連記事

最も社会的地位の高い猫が、怠慢が原因で役職を解かれるかもしれない

タグ
ボリス・ジョンソン, 英国, ネコ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント