22:31 2019年09月19日
パンダの双子の赤ちゃん

ベルリン動物園のジャイアントパンダが双子の赤ちゃんを出産

© REUTERS / Berlin Zoo
エンタメ
短縮 URL
0 10
でフォローする

ベルリン動物園のジャイアントパンダ・メンメンが双子の赤ちゃんを出産した。英紙「ガーディアン」が報じた。

双子のパンダが生まれたのは8月31日。メンメンは1匹目の出産の1時間後に2匹目を生んだ。動物園のスタッフらがメンメンの妊娠に気付いたのは1週間ほど前。スタッフらはツイッターで嬉しくて言葉も出ないと報告していた。

​2匹の体重はそれぞれ136グラムと186グラム。性別はまだ不明だという。

メンメンは、お父さんパンダのチアオチンと一緒に中国からベルリン動物園に2017年にやってきた。双子は成長した4年後に中国に戻されることになる。

ジャイアントパンダの繁殖は難しく、双子が誕生することは滅多にない。ジャイアントパンダは絶滅危惧種に指定されており、中国ではパンダの殺傷は死刑に相当する。国際NGOである世界自然保護基金のデータでは、現在、野生のパンダの個体数はわずか1864匹。ジャイアントパンダの保護プログラムとして世界中の動物園で約400匹が飼育されている。

関連ニュース

超希少なアルビノパンダが初めて撮影される

タグ
かわいい, 動物, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント