11:17 2019年12月15日
小島秀夫氏

モスクワ行きの準備万端 「天才」ゲームデザイナーの小島秀夫氏がルーブル通貨を入手【写真】

© AFP 2019 / Charly Triballeau
エンタメ
短縮 URL
0 30
でフォローする

ロシア人ゲーマーのカリスマ的存在で、先日、モスクワ訪問の計画が明らかになったゲームデザイナーの小島秀夫氏が、ロシアのルーブル通貨を手にした姿が公開された。ツイッターに載せられた写真では小島氏は50ルーブル、100ルーブル札を手にしている。これに喜んだロシア語スピーカーのユーザーからはすぐさま、これらの通貨で何を買ったらいいかのアドバイスが書きこまれた。

9月19日、「天才」ゲームデザイナーの小島秀夫氏がモスクワ訪問を行うというニュースが走った。小島氏はモスクワのゲームの展示会「イグロミール」で自ら『デス・ストランディング』のプロモーションを行うほか、TV第1チャンネルの夜の人気トーク番組「ヴェチェルヌィ・ウルガント」に出演する。

​写真からは小島さんはロシア訪問に準備万端の様子で、ルーブル通貨に興味をもたれたことがわかる。が、ロシア語スピーカーのツィッターのユーザーらはその額面に心配し、そんな少額ではモスクワでは何も買えないと諭している。

​「これ、あと10倍増やしたら『デス・ストランディング』が買えます。」

「ヒデオ・コジマさん、いかにしてモスクワで400ルーブルで1週間暮らすことができるか、私がお教えしましょう。」

「スーパー『ピチョーラチカ』(安価な食品で有名)だったらワイン1本買えます。」

「ちょっと、なに馬鹿なこといってるのさ。この方には『イグロミール』の報償が贈られているんだよ!」

関連記事

タグ
文化, 日本, ルーブル, ロシア, ゲーム
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント