07:08 2019年11月16日
ドラマ

米国メディアが選ぶ 米国テレビ史上最も怖い連続ドラマ

© Sputnik / Artyom Zhitenev
エンタメ
短縮 URL
0 01
でフォローする

米国の大衆文化雑誌「ローリング・ストーン」は、記者が選んだ米国テレビシリーズ史上最も怖い作品30本を紹介した 。吸血鬼や連続殺人犯、ゾンビ、死者、その他悪人の話が名を連ねた。

トップに選ばれたのはデビット・リンチ監督の連続テレビドラマ「ツイン・ピークス」。1990年にテレビに初登場した。

2位3位には、テレビドラマ「トワイライトゾーン」(1959年)と、殺人鬼ハンニバル・レクターをデンマークの俳優マッツ・ミヘリソンが演じた「ハンニバル」(2013年)が入った。

そのほか、「ウォーキング・デッド」、「スーパーナチュラル」、「ストレンジャー・シングス」などがランキング入りしている。

スプートニク通信は以前、「なぜ12+の映画が1位に?」という副題で、史上最も「血なまぐさい」映画ランキングについて伝えた。

タグ
番付・ランキング, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント