07:38 2020年07月14日
エンタメ
短縮 URL
0 51
でフォローする

米ミシガン州ドラモンド島に住むジェシー・フラヴァラさん(23)は予言的な夢が現実になると信じて宝くじを買い続けたところ、見事大金を当てた。米UPI通信が報じた。

フラヴァラさんは、自分が「ワイルド・タイム」スクラッチ宝くじで50万ドル(約5430万円)を当てる夢を3回見たという。

​フラヴァラさんは、何度も繰り返されるのはきっと正夢だと思い、大金持ちになることを期待して定期的に宝くじを買うようになった。

フラヴァラさんは「私は初回の夢を見た時から『ワイルド・タイム』宝くじを買い始めました。これが正夢になることを願っていたんです」と語った。

すると、フラヴァラさんがある時買った宝くじが、本当に50万ドルを当てたのだ。

フラヴァラさんは「信じられなくて感極まって泣いてしまったのです」と当選結果を知った時のことを振り返った。フラヴァラさんは賞金で新車を買い、残りの賞金は投資にまわす予定だという。

スプートニクのサイトでは、ロトや宝くじをめぐるその他のビックリするような当選の記事をご覧いただけます。

タグ
おもしろい, 米国, 宝くじ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント