19:56 2020年08月06日
エンタメ
短縮 URL
0 12
でフォローする

SF映画の最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の世界市場での興行収益が10億ドルを突破した。ウェブサイト「Screen Rant」が発表した。

最新作は劇場公開からわずか1ヶ月弱でこの記録を達成した。こうした成果を残した同作品は2019年にリリースされたディズニースタジオの7作目となる『スター・ウォーズ』の最終エピソード。

いくつかの映画館では上映がまだ終わっていないため、Screen Rantは最終的な数字はさらに大きくなると予想している。

新3部作のこれまでの作品も商業的な成功を収めている。

また、エピソード『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015年)は20億ドル超を、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017年)は13億ドルの興行収益だった。

関連ニュース

タグ
エンタメ, 映画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント