07:00 2020年10月27日
エンタメ
短縮 URL
0 20
でフォローする

クルーガー国立公園(南アフリカ共和国)でサファリガイドを務めるクルト・シュルツさんは、キイロヒヒがライオンの赤ちゃんを抱っこして運ぶ瞬間をカメラに収めた。このキイロヒヒは奇妙な行動をとっていた。ヒヒはライオンの赤ちゃんを木の上まで運ぶと、自分の子どもを世話するように毛づくろいを始めたのだ。

英デイリー・メールは、シュルツさんが撮った写真はディズニー映画『ライオン・キング』のヒヒとライオンの赤ちゃんを彷彿とさせると報じている。

だがシュルツ氏の話では、微笑ましい光景とは裏腹に現実ではとても悲しい結果に終わることもある。ライオンの赤ちゃんは外傷や脱水など自然の環境による原因で亡くなったり、他のキイロヒヒの攻撃の犠牲になることもある。

シュルツさんによると、写真を撮った後、キイロヒヒの群れは別の場所に向かった。人間が自然のプロセスに干渉することは許されていないので、シュルツさんは赤ちゃんライオンがその後どうなったかは知らない。

先日、スーダンの動物園で長い間必要な餌を与えられなかったために数頭のライオンが衰弱死したというスキャンダルが報じられた。

タグ
動物, 映画, すごい, アニメ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント