22:55 2020年07月07日
エンタメ
短縮 URL
0 30
でフォローする

シチリア島のエトナ火山の上空でひっきりなしに「花火」が上がっている。シチリア州トレメスティエーリ・エトネーオで撮影された画像や動画によると、シチリア島東部沿岸の活火山の活動は非常に活発で、夜は特にその様子が分かる。

研究者らによると、Voragineクレーターの内部円錐を作り続けており、エトナ火山の新たな中心円錐ができたという。

​先日、仏のクレルモン=フェラン物理・粒子研究所の学者らがエトナ火山に新世代測定器を設置した。

​センサーで同火山から1200km離れたクレルモン=フェランの研究室まで3G回線を使いデータが転送されることになる。

​これにより研究者は火山内で起きているプロセスをより理解できるようになり、噴火の管理が可能になる。

関連ニュース

タグ
火山
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント