20:20 2020年05月29日
エンタメ
短縮 URL
0 41
でフォローする

新型コロナウイルスの蔓延で世界の多くの都市で通りや店から人の姿が消えたが、水族館だって同じように全く入館者がいなくなった。豪ゴールドコースト市にある水族館はこのレアな機会を利用し、特別な見学をしようと思い立った。特別、というのはこの企画、水族館に暮らすあるアシカのためだけに行われたからだ。

見学を楽しんだのはベリー・ジュニアという名前のアシカ。ベリー・ジュニアは女性の飼育員に連れられ、どこの水槽にどんな生物が暮らしているか説明を受けた。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Sea World, Australia (@seaworldaus)

アシカの反応を見ると、この見学に大満足だったようだ。ただしベリー・ジュニアの大冒険は今回の見学だけではなかったことは水族館が公開した動画でよくわかる。

ゴールドコースト市のように飼育している動物に特別見学を組織した水族館は世界にまだある。

米アトランタの水族館では2匹の子犬が招かれ、子犬たちはかわいい尻尾を振りながら魚たちに見入っていた。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Georgia Aquarium (@georgiaaquarium)

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント