05:46 2020年05月31日
エンタメ
短縮 URL
0 30
でフォローする

新型コロナウイルスのパンデミック真っ只中の今、私たちは日々その恐怖や不安に襲われている。そんな中、私たちは自然と面白いミームやペットのような愛らしいものを求め、慰めを見いだしている。今日本では、とある女性がツイッターに投稿した赤ちゃんのエコー写真に多くの喜びの声が寄せられている。シンガポール紙「ザ・ストレーツ・タイムズ」が報じた。

そのツイートを投稿した女性は現在妊娠7ヶ月目。大好きだった志村けんさんの急死の悲しみをひきずった状態で新型コロナウイルスに今後の不安を抱きながら妊婦検診に行ってきたという。

その検診でエコー写真を撮った女性は、赤ちゃんからの驚きのメッセージを受け取ったようだ。「お腹の子がピースしてたんです。励まされました」と投稿のエコー写真とともに綴っている。確かにその写真では赤ちゃんがはっきりとピースサインをしている様子が確認できる。

この投稿をみたユーザーからは「素敵なエコー写真」「未来は明るい!と感じたツイート」「大変なニュースが続く中、とても癒されました」「頑張ってください」「体調にだけは気をつけて」などの称賛や妊婦の女性を気遣うコメントが寄せられている。3月31日に投稿されたこのツイートはすでに8万8000件のリツイートがされ、1万4000件の「いいね」を獲得している。

新型コロナウイルスのパンデミックは人々の精神衛生上に大きな影響を与えている。この危機を乗り越えようと今、多くの人々がほっとできる何かを求めている。

関連記事

タグ
びっくり, 健康
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント